ホーム>こんな症状の方に>ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰

『ぎっくり腰』は、物を持ち上げようとした時や朝の洗顔時に前かがみになった時に発症することが多く見られます。中にはクシャミをした瞬間に『ぎっくり腰』になってしまう方もいます。このように突然激痛が発症するのでドイツでは“魔女の一撃”とも呼ばれています。
『ぎっくり腰』と言うのは急性腰痛の総称で筋肉や靱帯または椎間板を痛める場合など色々な場合があります。最も多い要因としては、筋肉疲労の蓄積によるものが挙げられます。日常生活の中での体の使い方の癖やバランスの悪い姿勢などにより筋肉が固まってしまうことで『ぎっくり腰』を発症させてしまいます。また運動不足やバランスの悪い食生活などが筋肉疲労の回復を遅らせる要因になっています。他にも骨格(骨盤や背骨)の歪みによるものなど色々ありますので必ずお近くの治療院で診てもらうことをおすすめ致します。

“ぎっくり腰ぐらい時間が経てば治る”と思っている方もいらっしゃいますが、大事に至る前に必ず専門医に診てもらって下さい。

 

当医院の治療法

当院の整体治療にて「どの動きで痛みが出るか」「どの動きで痛みが楽か」「左右比べてどちらの可動域が狭いか」などをしっかりと全身チェックしていきます。そして痛みを引き起こしている原因を探し出して治療を行なっていきます。

施術中も時々検査を行い、改善具合をチェックしながら治療をしていきます。その後痛みが軽減してきたら、その人の症状や体のクセに合わせた自宅でのストレッチ方法を指導させて頂きテーピング療法などを併用し患部の治癒や予防を促していきます

 

治療の事例

◆32歳男性


朝自宅でかばんを持ち上げる際に前かがみになった瞬間に腰に激痛が走ったということで来院。
来院時は歩くのも辛い状態で足を引きずって来院。自覚症状は左のお尻に若干のしびれ感があり前屈をすると激痛が走るらしい。

動ける範囲で全て検査し、動きを悪くしている原因を見つけ出し施術を開始する。検査込みで30分ほどで痛みは無くなり痺れも殆ど感じなくなりその日の治療は終了。

そして3日後に「痺れは無くなったが痛みが少し戻ってきた」とのことで来院し、検査と整体による施術を繰り返し20分ほどで痛みも無くなり治療は終了し姿勢もよくなり元気に帰っていかれました。

 

◆37歳男性


朝顔を洗おうと前かがみになった時に腰を痛めたという方が来院。くしゃみをする度に腰に痛みが走る。
この患者様は過去にも何度も同じ症状を経験しているとのことなので検査をしてみると骨格の歪みが顕著に現れていた。

検査を一通り終わりこの方はひどい反り腰の方でした。まずは骨格の歪みを矯正し、普段からの動きの癖で固くなってしまった筋肉を緩めて再検査すると痛みは殆どなくなっていた。この方は仕事柄よく使う筋肉とあまり使わない筋肉のバランスが悪くぎっくり腰を起こしていたので、弱くなっている筋肉のトレーニングを教えて自宅でやってみてもらっている。まだ再来院されていないのでちゃんとトレーニングを続けてくれているのだと思います。