ホーム>こんな症状の方に>足・股の痛み

足・股の痛み

足・股の痛み

足首捻挫

足

スポーツをする上で、最も多い怪我で、足首の靭帯が過度に伸ばされたり断裂したりします。状態によりますが、患部に腫れや痛みや内出血などが表れることがあります。まず炎症を抑えるために冷やし患部に治癒を促進する刺激をくわえます。
当院では症状や状態により治療法や固定法、その後のリハビリ法を分けております。骨折を併発している可能性もありますので軽視せず早めの受診をおすすめ致します。

 

肉離れ

急激に筋肉を動かした際に、筋肉の一部が損傷し痛みが発生します。重症の場合は、肉離れをした患部が陥没していることもあります。まずはRICE(Rest:安静 Ice:冷却 Compression:圧迫 Evelation:挙上)や電気療法を行い内出血を抑えます。
そして、症状に合わせた固定を行い、痛みが落ち着いてきたら患部に手技療法と筋線維に刺激を加える治療を施して治癒力を促進していきます。

 

シンスプリント

脛骨過労性骨膜炎とも言われ、陸上競技(走る競技)の選手に多く見られます。
走る度にスネに沿った場所に痛みが起こり、この症状か酷くなると、骨折にもつながる事があるので、走って痛みが出るようなら注意が必要です。
当院ではシンスプリント治療に有効な超音波治療器及び手技療法を用いて治療いたします。
痛みの原因を除去すると共に運動をする際にの注意点などもアドバイスさせていただいております。

 

膝の痛み

膝の痛みには、様々な症状があり、患部様の膝の症状に合わせた治療をしています。
まずは、膝の状態を見させていただき治療方針を決めていきます。膝に水が溜まっていても、その原因は人それぞれ違います。
一人ひとりに合わせた治療法を行っていきます。是非ご相談ください。

 

オスグット病

「成長痛」とも言われ、小学高学年~中学生に起こる障害です。
太ももの前面の筋肉が膝のお皿の下の骨を引っ張ることで痛みを引き起こします。
この障害を放っておくと、太ももの前の筋肉が引っ張っている骨を徐々に剥がしてしまい、剥離骨折を起こすこともあります。
当院では症状によりテーピング法や予防法、スポーツをする際の注意点などをアドバイスさせていただいております。