ホーム>交通事故治療について>事故によるむち打ち

事故によるむち打ち

事故によるむち打ち

頸椎捻挫型

むちうち

首周りの筋肉や腱、じん帯などが損傷を起こしているもので、むち打ち症の8割を占めます。

 

症状


  • 首から肩にかけて筋肉の緊張や張り、痛みを感じる
  • 首を動かすと痛む、押すと痛む、痛くて動かせない
  • 腕や手がだるい、しびれる

 

神経根症状型

神経根症状型

神経は木の幹と根のように脊髄から神経根としてからだに伸びています。
上下の背骨(椎骨)により椎間孔と呼ばれる神経の出口が形成されており、頸椎の椎間孔から腕への神経が出ています。
むち打ちによって、もともとある頸椎の反り(前弯)が変化することにより椎間孔が狭くなり神経根が圧迫を受けたり神経が引き伸ばされる、または周囲の筋肉の腫れなどで締め付けが起こるなどで神経に対して損傷や障害が出るものをいいます。

 

症状


  • 痛めたところより先にみられる知覚異常
  • 頭から手・指までの神経麻痺、シビレ、痛み
  • 首を後ろに反らしたり捻じったりすると症状が強くなる
  • 咳やくしゃみで症状が出る

 

脊髄症状型

脊髄症状型

背骨の後ろにある脊柱管という空間を脊髄は通っています。むち打ちで頸椎が振られると中にある脊髄を傷つけたり、圧迫してしまうことがあります。

 

症状


  • 腕~指先にシビレ
  • 足のシビレ、知覚異常、歩行障害
  • 膀胱直腸障害による排便、排尿困難