ホーム>当院ごあんない>治療の流れ

治療の流れ

施術の流れと解説

01.ご来院
01.ご来院

問診票に、痛い場所・伝えたいことなどわかる範囲で記入してください。

02.問診・関節稼働域テスト・従手検査
02.問診・関節可動域テスト・従手検査

一人一人の症状に合わせたテスト、検査などを行い、その人に合わせた
治療計画を立てます。

03.症状に合せた物理療法
03.症状に合せた物理療法

症状によってアイシングを行い患部を冷やしたり、
電気治療器や、温熱療法で温めたりして治療をします。

これらの目的は、痛みを軽くしたり、
血行をよくし治りを早めるために行います。

04.手技(柔整マッザージ)
04.手技(柔整マッザージ)

筋肉の左右のバランスをチェックしながら、痛みの原因となっている筋肉や関節の異常を見つけ出し、独自の手技療法で症状に合わせてアプローチしていきます。

05.必要と判断した場合、湿布・テーピング・包帯・矯正を施します
05.必要と判断した場合、湿布・テーピング・包帯・矯正を施します

関節や筋肉の負担を少なくするためにテーピングや包帯を施します。
可動域の減少している関節にはカイロプラクティックにて矯正を行います。

06.再度検査し、評価を出します
06.再度検査し、評価を出します

もう一度、関節を動かして最初との痛みの変化、可動域の違いを確認します。

※再度検査は必要に応じてを行います。必ず行うわけではありません。

07.治療計画・簡単な体操などの指導をして終了です
07.治療計画・簡単な体操などの指導をして終了です

今後の治療計画を立て、注意事項・体操などを説明致します。

※治療計画、説明には個人差があります。必要に応じて行います。