ホーム>ひがせいBLOG>2017年2月

2017年2月

お子様連れでも安心

こんにちは。墨田区東向島にある東向島整骨院です。

最近突風が多くて花粉も沢山飛んでいるせいなのか目が痛いですbearing



ここのところ、産後の骨盤の矯正希望の方や

育児による腰痛でお見えになる方が多くいらっしゃいます。


赤ちゃんを連れて整骨院に来ることを

「迷惑をかけたら悪い」と躊躇される方もいらっしゃると思いますconfident


しかし、当院に来院されている患者さんは気さくな方ばかりで

赤ちゃんが泣いてしまっても皆さん笑って「元気だね!」と言ってくれる方ばかりですnote



また、当院では安心して治療を受けて頂けるように

赤ちゃんから幼稚園児などを対象とした玩具も用意してありますhappy01

 

2017222121417.JPG



今現在、治療してもらいたいけど赤ちゃんを連れて来るのは…

など悩んでいる方がいらっしゃいましたら是非お気軽にご来院下さいsign01

201722212155.JPG



ベビーカーごと来院して頂いても大丈夫ですhappy01

電気治療中などでもお母さんの寝ているベットまで移動できますのでご安心下さいhappy01

 

 



(当院は東向島 鐘ヶ淵 曳舟 八広 墨田 京島などからの患者様が多くいらっしゃってます)

24時間

こんにちは。墨田区東向島にある東向島整骨院です。

今週末には春一番が吹いて暖かくなるみたいですがまだまだ寒いですね。



当院の最寄駅である東向島駅の近くに

24時間営業のスポーツジムが3月13日に開業するみたいですsign01

名前はファーストジムという所でランニングマシンやバイク

ウェイトトレーニングが出来る機材があるみたいですgood

201721682628.JPG



このジムができる前はスーパーがあったのですが

閉店してしまい長い間テナント募集中になっていましたcoldsweats01

僕の予想ではまたスーパーが出来るんだろうなーと思っていたのですが

スポーツジムができてビックリしましたhappy02

24時間営業していて帰りが遅くなってしまう方でも運動が出来て

これはひょっとすると流行るんじゃないかなっと思いますhappy01



僕もすごく気になるのでオープンして落ち着いたら僕も通ってみようかなっと思いますsign01

(当院は東向島 鐘ヶ淵 曳舟 八広 墨田 京島などからの患者様が多くいらっしゃってます)

【脇腹や胸・背部の痛み】肋間神経痛

こんにちは。墨田区東向島にある東向島整骨院です。


最近北風が強く吹いて凍えるような寒さが続いていますね。



今回は肋間神経痛について書きたいと思います。

肋間神経痛の主な症状としては、背中や脇腹、胸周りなどに

刺すような痛みが現れるとされています。

 

肋間神経とは胸椎の1番目から12番目の全てに存在している神経で

背中から体の全面にかけて肋骨に沿って走行しています。



何故、肋間神経が痛み出すのかというと、背骨の歪みや胸周りの筋肉によって

肋間神経が圧迫されてしまう事が痛みの原因です。

肋間神経痛を治すためには、肋間神経を圧迫しているモノを取り除かなければなりませんsign01

 

当院には肋間神経痛の患者様も多く来院されます。

カイロプラクティックやマッサージによって痛みが楽になったというお言葉を頂いております。



現在、脇腹や胸周りの痛みや痺れでお悩みでしたら、是非当院にご相談下さい。



(当院は東向島 鐘ヶ淵 曳舟 八広 墨田 京島などからの患者様が多くいらっしゃってます)

足の指先の痺れ【モートン病】

こんにちは。墨田区東向島にある東向島整骨院です。

この間南風の影響で東京でも春の陽気になったりと

気温が安定しない日が続いていますね。

寒暖差がありすぎて体調管理がむずかしいですよね。
皆様は風邪などは引いていませんか?

今回は足の裏(足底)の痺れに関連する

【モートン病】について書きたいと思います。


まずモートン病とは中腰の姿勢やハイヒールなど

つま先立ちになりやすい体勢を長時間していると

足先に向かって走行している神経を圧迫してしまい

足の裏側の人差し指~中指の間中指~薬指の間など

2つの指にまたがって神経症状(痛みや痺れなど)が出やすいとされています。

(赤く記しをつけた箇所が神経症状がでやすいところです)


20172219348.JPG


また、当院での主な治療は患部への超音波などの物理療法を行い

モートン病の原因でもある足底部のアーチを修正する手技療法を行なっております。


そして症状によっては足底挿板のついたサポーターを処方しています。
サポータータイプの足底挿板は靴を脱いだ後でもそのまま使い続ける事が出来まので

常に治療効果が期待できます。

今現在も足の裏や足先に痺れや痛みがあり、お困りでしたら是非当院にご相談ください。

(当院は東向島 鐘ヶ淵 曳舟 八広 墨田 京島などからの患者様が多くいらっしゃってます)